ざんねんないきもの事典

おもしろい!進化のふしぎ ざんねんないきもの事典不思議な形態や行動をする生物は多い。
この本は、ユーモラスな視点で、生き物の不思議な(残念な)形態や行動を集めた事典である。
各ページのイラストやとぼけたコメントを読むと笑ってしまう。
子供が読めば、生物学者を目指そうと思うかもしれない。
続きを読む ざんねんないきもの事典

目に見える世界は幻想か?

目に見える世界は幻想か?~物理学の思考法~ (光文社新書)物理学の世界では数式が必須となる。
しかし、数式があるから物理学を嫌いになる人も多い。
本書は、数式を使わずに物理の世界を解説しようという試みである。
世界を理解するために、物理学者がどのように苦闘して来たか、分かったような気がする。
続きを読む 目に見える世界は幻想か?

絵で見てわかるIoT/センサの仕組みと活用

絵で見てわかるIoT/センサの仕組みと活用すべてのモノがネットワークに繋がる、いわゆるIoTの世界も現実のものとなってきた。
本書では、IoTに関わる技術を総合的に解説している。
「絵で見てわかる」というと素人向けのようだが、なかなか専門的な解説も多くてためになる。
技術要素の構造化の仕方が巧いので、とてもわかり易かった。
この分野の仕事をしたくなる。
続きを読む 絵で見てわかるIoT/センサの仕組みと活用

21世紀ホラームービー年代記

別冊映画秘宝 21世紀ホラームービー年代記(クロニクル) (洋泉社MOOK 別冊映画秘宝)少し古いホラーファンとしては、21世紀は不作な気がしていた。
トレンドとしては、拷問ポルノがあったくらいで、これは趣味ではない。
そんな21世紀のホラー映画にフォーカスするとは、さすが映画秘宝。
世界では、21世紀に入っても色々なホラー映画が作られていたようだ。
続きを読む 21世紀ホラームービー年代記

この世界が消えたあとの科学文明のつくりかた

この世界が消えたあとの 科学文明のつくりかた現在の文明が滅んだ後に、もう一度文明を復活させるとしたら、どのような知識が必要か?
そのために書かれた本である。
普段の生活では気にしていないが、我々の日常が、いかに多くの知識と工夫で成り立っているかを知ると、その幅広さに感動する。
「鉄腕ダッシュ」を数倍にして、ギュッと圧縮したような本である。
知識があまりに広範囲なため、残念ながらすべてを記憶にとどめておくことは出来なかった。
続きを読む この世界が消えたあとの科学文明のつくりかた

PDCAノート

自分を劇的に成長させる! PDCAノートこの本の中でも言われているように、PDCAの概念については広く知られているが、実際に実践しているかというと怪しいところがある。
本書では、PDCAを手軽に実践するツールとして、PDCAノートを提案している。
とてもシンプルなノートなので、これなら自分でも出来るような気がしてくる。
続きを読む PDCAノート

本、映画、旅行、自転車、そしてユビキタスの日々。