夕日丘キャンプ場でまったりする

シルバーウィークの連休は、友人夫婦に誘われて、南伊豆のキャンプ場でマッタリ過ごした。
出来たばかりの「夕日丘キャンプ場」は、海が一望出来る上、とても設備の整ったキャンプ場だった。

埼玉から伊豆は遠い上に、道がこむので、近頃はほとんど行くことがなかった。
今回は、6時半に家を出て、途中昼食を食べて、買出しをして、16時には南伊豆に到着した。
まあまあのタイムである。
シルバーウィークの初日だが、心配した渋滞もなかった。

夕日丘キャンプ場は、海を臨む崖の上にあるので、水平線まで良く見える。
海に沈む太陽が見えるので、この名前なのだろう。
初日は人が少なく、3サイトある我々のブロックは貸切状態だった。

IzuCamp01

IzuCamp02

サイトの横にトイレがあるのだが、工事が終ったばかりで、初日は使えなかった。
翌日から使えるのだが、少し歩けば別のトイレや洗い場がある。
トイレは水洗な上に、ウォシュレットまで完備されている。
我が家より豪華である。
コインシャワーもある。
山のキャンプ場と比べ、オートキャンプ場の快適さには、驚くばかりである。

テントの設営が終わると、釣りのポイントを探しに行くことになった。
管理人さんの情報によると、今日は海がうねっているので、よく釣れるらしい。

南伊豆は初めてなのだが、東伊豆よりも小さな港が多い気がする。
小さな港は、味があって良い。

IzuCamp03

IzuCamp04

IzuCamp05

防波堤の内側は浪も穏やかで、地元と思われる人たちが釣りを楽しんでいた。
透明度が高いので、海面を覗くと魚の姿が見える。
小さなイカが群れで泳いでいる。

日没に間に合うようにキャンプに戻った。
我々のサイトからは、角度の関係で、太陽が水平線に沈むところは見えなかったが、赤く染まる雲と海が綺麗だった。

IzuCamp06

暗くなる前にバーベキューを始め、ひたすら呑む。
ひとブロック貸切なので、気兼ねすることはなにもなかった。

翌日は温泉に浸かり、買出しを澄ますと、2時から飲み始めた。
面倒になったので、釣りにも行かない。これぞ大人の休日。

IzuCamp10

昨日とうって変わって、キャンプ場は満員になった。
ちょっとした街のようである。

IzuCamp07

IzuCamp08

帰りは渋滞にハマった。
いつもと違うところが混んでおり、結構時間がかかってしまった。

御殿場でトンカツを腹一杯食べた。
アウトドアではあるが、あまり動かず、食べてばかりいたので、きっと太ったに違いない。

IzuCamp11

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です