ブラックペアン

ブラックペアン1988(上) (講談社文庫)海堂尊は、やはり医療ミステリーが面白い!
本作では「チーム・バチスタ」の20年前が舞台である。
カッコイイ男を描かせたら、海堂尊は、いま日本一だと思う。

主人公の新人医師世良が、病院一の権力者である佐伯教授の手術を見学する導入部から、東京の病院から派遣されていきた「ビッグマウス」高階講師の騒動に巻き込まれ、ハグれモノの外科医・渡海に振り回されるまで、スピーディな展開で読者を飽きさせない。
超一流のエンターテイメントである。

結局のところ、たかだか病院内の権力闘争に過ぎないのだが、佐伯教授の迫力を始め、それぞれのキャラクターの存在感が大きいので、さながら戦国時代の国盗り合戦のような緊張感がある。

常に前向きな阿修羅・高階講師のキャラクターもいいが、今回は、飄々としているが影があり、掴みどころのなさが魅力の渡海が一番カッコ良かったと思う。
その渡海も、最終的には佐伯教授に役者負けしてしまった。

「チーム・バチスタの栄光」の主人公である田口達が、病院見学に来た大学生として登場しているのが微笑ましい。

[amazonjs asin=”406276525X” locale=”JP” title=”ブラックペアン1988(上) (講談社文庫)”]

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。