統計のはなし

統計のはなし―基礎・応用・娯楽 (Best selected business books)資産運用の本を読んで、リスク管理にはどうしても統計の知識が必要だと実感した。
まずは、数式の少なそうな本を選んで図書館で借りてきた。
でも、やっぱり難しい。

挿し絵の軽さに惹かれて、この本を選んだ。

平均から始まって、標準偏差、正規分布、t検定と、いつの間にか数式が多くなってきた。

工場では、機械の精度のバラツキである標準偏差を変えるのは難しいから、不良品を減らす為に平均の位置を変えるらしい。

標準偏差と平均が分かれば、正規分布図を使って、どの値が何パーセントあるか分かるのは面白いが、どうも実感がわかない。

やっぱり、統計は向かないのだろうか?

[amazonjs asin=”4817180102″ locale=”JP” title=”統計のはなし―基礎・応用・娯楽 (Best selected business books)”]

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。