超簡単 お金の運用術

超簡単 お金の運用術 (朝日新書)お金を運用するのが趣味でも仕事でもない人向けの、ベターな運用方法。
このシンプルさが良い。

ズバリ、その方法とは、次の通りである。

当座の生活に必要なお金(たとえば生活費3ヶ月分程度)を銀行の普通預金に置く。
残ったお金は、全額内外の株式に投資するETFに、国内株4割、外国株6割の比率で投資する。
大きな支出が生じたら、2を躊躇なく部分解約してこれに充てる。

基本的な考え方はこうだ。
将来のことは誰もわからず、優秀と言われるアクティブ投信も平均するとインデックスに劣る。
ならば、いちばん手数料等のコストが少ないETFを利用するのが正しい。
借金の利子は投資で得られる利率よりも遥かに高い、だから借金はせずに、あれば早期に返済する。

複雑な金融商品は、複雑ゆえに運用コストが多くかかる傾向があり、見えないところで金融機関に中抜きされる恐れがある。

インデックス投信は失敗してもゼロになることはなく、精神的ダメージは大きいが、生活費の3か月分程度手元にあれば、大きなリスクではない。

シンプルでとてもよろしい。
後は、この考え方を、どのように検証するかだ。

[amazonjs asin=”4022732490″ locale=”JP” title=”超簡単 お金の運用術 (朝日新書)”]

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です