ひかりの剣

ひかりの剣 (文春文庫)チームバチスタの海堂尊だが、今回は医療ミステリーではない。
登場人物は医学生だとはいえ、テーマは剣道、かなりストレートなスポコンである。

これが面白い。
スポコンまでこなすとは、海堂尊怖るべし!
「ジャネラル・ルージュ」の速水と「ジーン・ワルツ」の清水の若き日の戦いといだけで、ファンにはたまらない。

対立する2つの大学の剣道部、性格が全く反対の2人の部長、秘密兵器の少女、老人に導かれての孤独な修行、スポコンのアイテムがてんこ盛りである。
それを嫌味なくまとめ、爽やかに終わる手腕は見事である。

作者自身大学で剣道に励んでいたというから、リアリティのある描写にも納得がいく。

[amazonjs asin=”4167790017″ locale=”JP” title=”ひかりの剣 (文春文庫)”]

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。