新そば 江戸東京たてもの園

今年も、なんとなく新そばの季節がやって来た。
そばは近場で済ませて、初めて小金井公園に行った。
前日飲み過ぎたので体調は絶不調。
二日酔いかと思ったら、風邪をひいたようだ。
新そばの時期は、風邪を引きやすいようだ。

11時30分に地元の駅で集合し、目当ての「鞍馬」に車で移動した。
12時くらいに到着したのに、まさかの品切れ。
そば粉不作説や自分の勤労に感謝しているなど、憶測が飛び交う。

第2候補の「松鶴庵」には無事入れる。
かも汁を頼む。
飲んだ翌日は、汁物が嬉しい。

koganei1

その後、小金井公園へ向かう。
小金井街道はよく走るので、小金井公園の存在は知っていたが、入るのは初めてである。
小金井公園の中にある「江戸東京たてもの園」で、もうひとりの友人と合流する作戦である。

「江戸東京たてもの園」の入場料は400円。
なかなかリーズナブルである。
しかし、展示されているのは、時代こそ古いが普通の建物なので、写真を撮ろうという意欲が湧かない。
木々は紅葉しているので、公園を散歩していると思うと、なかなか楽しい。
下町を再現しているブロックは、祖父母の家があった戸越の下町と似た雰囲気で懐かしい感じがした。
焼きそばを買ったらチジミをサービスしてくれたが、これが驚くほど不味かった。
「江戸東京たてもの園」のキャラクターは、宮崎駿デザインだった。
キーホルダーを買おうかさんざん悩んだが、今回は断念。
これ以上、部屋に無駄なモノを増やしたくない。

koganei2

koganei3

koganei4

koganei5

koganei6

公園の近所の喫茶店で、iPhoneアプリ「Akinator」で盛り上がる。
質問に答えると、頭に思い描いたキャラクターや人物を当てるアプリである。
これが、超常現象かと思うほどよく当たる。
あまりの驚きに、ガラスに頭をぶつけて、危うくガラスを割るところだった。

最後は、所沢の甘太郎で飲んだが、熱っぽい上に頭が痛くて、朦朧としていた。
昔もいきなり熱が出て、蕎麦屋に行けなかったことがある。
どうもこの時期は、体調を崩してしまうようだ。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。