永遠の0

永遠の0 (講談社文庫)零戦パイロットだった祖父の人生を、現代に生きる孫息子がたどる。
戦争の悲惨さが伝わるだけでなく、エンターテイメントとしても一級品である。

特攻隊は、テロリストと同じ精神構造だという視点は新鮮だった。
しかし、それにはとても違和感がある。
後世の人間が文書でけ分析しても、真実はわからないと思う。
この小説では、戦時に命を大切に思い、主張する難しさが伝わってくる。
きな臭い情勢になって来た日本だからこそ、読んでおくべき本だと思う。
歴史は伝えるべきだと思った。

最後の方に、思いもしなかった驚きが用意されており、エンターテイメントとしても良くで来ている。

これがデビュー作とは驚きである。
映画化が予定されているようだが、よく出来た小説は映像にして欲しくなくなる。
まあ、是非映像で見てみたい小説もあるのだが。

[amazonjs asin=”406276413X” locale=”JP” title=”永遠の0 (講談社文庫)”]

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です