無伴奏ソナタ

無伴奏ソナタ〔新訳版〕 (ハヤカワ文庫 SF カ 1-26)「エンダーのゲーム」を観に行こうと思っていたら、ちょうど「エンダーのゲーム」を含む短編集の新訳が出版されていた。
カートの短編は、初めて読むに違いない。
やはり、カートは長編でこそ実力を発揮する作家だと思った。

まず、「エンダーのゲーム」だが、どうも淡白過ぎる気がした。
ネタとしては有名なので、そこでの驚きはない。
必要最小限の描写しかなく、ラストに向かって無駄なく進んでいる感じなのだ。
まあ、短編とはそういうものだが。
カートの小説なのに、泣けないのだ。

その他に収録されている作品は以下の通り。

  • 王の食肉
  • 深呼吸
  • タイムリッド
  • ブルーな遺伝子を身につけて
  • 四階共用トイレの悪夢
  • 死すべき神々
  • 解放の時
  • アグネスとヘクトルたちの物語
  • 磁器のサラマンダー
  • 無伴奏ソナタ

「王の食肉」は、グロ過ぎて読むのが辛かった。
「四階共用トイレの悪夢」は、マシスンあたりが書きそうな怪物ホラーだった。

[amazonjs asin=”4150119406″ locale=”JP” title=”無伴奏ソナタ〔新訳版〕 (ハヤカワ文庫 SF カ 1-26)”]

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。