読んだら、きちんと自分の知識にする方法

読んだら、きちんと自分の知識にする方法 (アスカビジネス)速読しても仕方ない。
読んだらちゃんと記憶しておこう!という本である。

その方法「メモリー・リーディング」を解説している。
記憶の方法はオーソドックスである。

ひとつは「イメージ化」。
憶えるものに、具体的なイメージを結びつける。
そして、そのイメージをつなぎ合わせていく。

・携帯電話
・赤ちゃん
・チーズ
・砂時計

携帯電話が赤ちゃんの口へ!窒息しそう!
赤ちゃんからチーズのにおい。
何か変?
チーズが砂まみれ、もったいない!

という風に覚えていく。

もっと細かいものをしっかり憶えるには、「場所法」を利用する。
イメージと場所を結びつけて、記憶を呼び出しやすくする方法である。
あの有名なハンニバル博士も利用している方法だ。

この方法の練習が面白い。
自分の家の玄関から出て、順番にモノを撮影していくのだ。
そして、撮影したモノと記憶するイメージを結びつける。
これは面白そうだ。
さっそくやってみよう!

[amazonjs asin=”4756914330″ locale=”JP” title=”読んだら、きちんと自分の知識にする方法 (アスカビジネス)”]

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です