イミテーション・ゲーム

【映画パンフレット】 イミテーション・ゲーム エニグマと天才数学者の秘密人工知能と人間を判別するチューリング・テストで有名なチューリングの半生を描き、アカデミー賞脚本賞を受賞した作品である。
チューリングの名前は知っていたが、第二次大戦で暗号解読機を作った人だとは知らなかった。
シャーロックに続き天才役を演じるベネディクト・カンバーバッチは、相手の気持ちを考えない孤高の人がよく似合う。

数学の天才であるアラン・チューリングが採用されたのは、ドイツ軍がエニグマという機械で生成する暗号の解読のプロジェクトだった。
暗号を解読すれば、ドイツ軍の艦船や戦車の配置、爆撃の目標を把握することが出来るので、イギリス軍が圧倒的に有利になる。
しかし、ドイツ側は暗号のキーを毎日変更するので、暗号を解読しても翌日には使い物にならなくなってしまう。
チューリングは人間ではなく、機械による暗号解読を提案し、ひとり機械の開発に打ち込みチームから孤立する。

チューリングは変人ではあるが、偏見もなく、クロスワードパズルで抜群の才能を持つ女性ジョーンをチームに採用する。
深夜ジョーンの部屋に忍び込み、一緒に暗号解読を行う。
ジョーンが婚期を逃すのを恐れた両親が実家に帰るように言って来ると、彼女をチームに残すために彼女と結婚する。
だが、ラブストーリーが展開するわけではない。
実は彼は同性愛者だったのだ。
当時のイギリスでは、同性愛は法的に犯罪だった。

ジョーンのお陰でチームのメンバーと和解したチューリングは、ついに暗号解読機の開発に成功する。
しかし、暗号解読機を有効に運用するためには、厳しい選択をしなければならなかった。

アカデミー賞脚本賞を受賞しているだけあって、話の持って行き方がうまい。
チューリングを次々と予想外の方向から試練が襲う。

暗号解読機「クリストファー」の仕組みを知りたいものだ。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です