実例で学ぶRaspberryPi電子工作

実例で学ぶRaspberry Pi電子工作 作りながら応用力を身につける (ブルーバックス)RaspberryPiは名刺サイズの小型コンピュータである。
RaspberryPiを使うと様々な電子工作が楽しめる。
Arduinoと被るのだが、こちらはLinuxで動くのでオープンソースを利用して高度な処理が可能になるのが魅力だ。
この本では、RaspberryPiを使った画像処理や6本脚ロボットの制作まで解説されている。
とても楽しそうな課題があるのが嬉しい。

本書の演習は以下の通り。
・RaspberryPiのインストール
・LEDの点滅(Lチカ)
・たくさんのLEDの点滅
・インターネット上の天気予報データの利用
・RaspberryPiを家電製品のリモコンにする
・上下左右に動くカメラ台の操作
・OpenCVによる画像処理と対象物追跡
・6脚ロボットの操作

電子工作には電気とプログラムの知識が必要なので、この本から始めるのはちょっとハードルが高いように思える。
ただ、Pythonのサンプルプログラムはネット上で公開されており、そのまま使えば動きので、体験したいだけであれば大丈夫かもしれない。
電子工作は、まず動いてくれないとテンションが上がらない。

まずは部品を買い集めて、RaspberryPiをインストールした。
そして、MacBook Airの画面で開発出来るようにVNCを導入して、無線LANのアダプターを装着した。
これでかなりすっきりした。
次に100円ショップで、RaspberryPiとブレッドボード、モバイルバッテリーを入れる箱を購入した。
これで準備万端。
後は、6脚ロボットに向けて学習を進めるだけだ。

RasPie01

RasPie02

RasPie03

RasPie04

[amazonjs asin=”4062579502″ locale=”JP” title=”実例で学ぶRaspberry Pi電子工作 作りながら応用力を身につける (ブルーバックス)”]

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。