Alexaスキル制作テクニック

Alexaスキル制作テクニック (I・O BOOKS)Amazon Echoを買ってみたが、万能リモコンと組み合わせるとなかなか便利である。
Amazon Echoのプログラムは誰でも開発と公開が出来るようなので、ちょっとやってみたくなった。
本家の開発者サイトでも学習用のページがあるのだが、既にサンプル画面と実際の開発画面が違ってきている。
仕方なく、開発の解説本を探したら、まだ日本語では2冊しかなかった。
そのうち、解説している範囲が広そうなのがこちらである。

Amazon Echoのプログラムについて、技術的背景が説明されており、サンプルプログラムに沿って、開発の方法も解説されている。

Amazon Echoの開発はAlexaと呼ぶのだが、これにも2種類ある。

一般的な開発は、Alexa skill kitを使って行う。
本書では、一番簡単なフラッシュ・ブリーフィング・スキルの開発方法をまず説明している。
サイトに保存してニュースなどを音声で読ませるプログラムである。
説明を見ると簡単そうだが、まず画面が実際と違う。
本家が追いついていないのだから、本として出版されているものは、さらに追いつくのが難しい。
考えれば当たり前の話だ。
その後に、カスタムスキルを使った汎用性の高いアプリの開発方法や家電等と連携するスマートホームスキルの開発方法の説明が続く。

もうひとつの開発方法は、Alexa voice serviceである。
これを使えばAmazon Echoを自作出来るらしい。

それ以外にも、今後主流になるかもしれないVoice User Interfaceの設計方法も解説されている。

急速に進化しているテクノロジーでは、とても面倒なのが開発環境の変化である。
特に入門者にとっては。

[amazonjs asin=”4777520447″ locale=”JP” title=”Alexaスキル制作テクニック (I・O BOOKS)”]

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です