ボヘミアン・ラプソディ

Bohemian Rhapsody (The Original Soundtrack)あのクィーンの伝記的映画である。
クィーンの結成から、フレディー・マーキュリーが亡くなる少し前までが描かれている。
クィーンの曲は好きだが、バンドとしての歴史は知らなかったので、ちょうど良かった。
音響のしっかりした映画館で観たので、名曲を迫力のある音で楽しめたし、一緒に歌ってもバレなかった。
劇場で観るべき映画である。

主人公はボーカルのフレディー・マーキュリーである。
彼の家族との葛藤から、ゲイであることの苦悩を中心に描かれている。
フレディー役の俳優は、目が大きすぎるとは思うが、頑張っている。
ラスト近くの、父親との和解は感動的だ。

初期のレコーディング風景が楽しい。
いたずらのように、次々とアイディアを出してはアルバムに取り入れていく。
彼らが革新的なバンドだったことが思い出される。
それでけに、中盤で反目し合うようになるのが悲しい。

とにかく、大きな音の映画館で観るべき映画だし、一緒に歌える映画である。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。