奥多摩登山

紅葉見物がてら、奥多摩の山を攻めることになった。
昔は山岳部だったが、ちゃんとした登山は高校以来である。

自宅を4時半に出て、電車を乗り継ぎ、武蔵五日市駅からバスに乗って、大岳鍾乳洞入口で降りた。

東京都内とは思えない山奥で、ほとんど人もいない。
気温は0度だったが、黙々と歩いていると暑いくらいだった。
沢沿いを淡々と歩き、10時過ぎには大岳山頂(1,266m)に到着した。
山頂からは富士山が奇麗に見えた。

Okutama2

山頂では人を怖がらない山鳥が飛んでおり、いなり寿司のご飯粒をあがると、嬉しそうに食べていた。
お湯を沸かし、カップヌードルで、ちょっと早い昼食にした。

Okutama3

いきなり最高地点を極めてしまったので、後は下り中心で御岳山(929m)、日の出山(902m)を巡り、つるつる温泉を目指す。

いささか単調な道が多い上に、最初と違いやたら人が多い。
村祭りでもあったのかと思ってしまう。
山頂付近は時期が過ぎているが、高度が下がると、紅葉が残っていた。

途中短い休みは入れたものの、5時間くらいは歩いていた。
体力的には問題はないが、膝が痛くなった。
ヒンズースクワットでもして、鍛えなければ!

Okutama4

肌がツルツルになるという「つるつる温泉」は、大盛況だった。
洗い場を並んで待つのは初めてだった。

やはり、翌日は筋肉痛になった。

Okutama5

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です