チーム・バチスタの栄光

チーム・バチスタの栄光(上) 「このミス」大賞シリーズ (宝島社文庫 599)「このミス」などのランキン本は信用していないのだが、「このミス」で話題のこの小説は面白かった。

導入部では大学病院の権力闘争の世界から入り、大学病院の昼行灯である田口が、個性豊かなチーム・パチスタのメンバーにインタビューし、事件を解明していく。

ここまでが上巻。
これでも普通に面白いのだが、後半から爆弾のようなキャラクターが登場する。
「ロジック・モンスター」白鳥である。
厚生労働省の役人なのだが、型破りな捜査「アクティブ・フェーズ」で、嫌われようが、殴られようが、飄々と捜査を続けていく。
白鳥と田口のホームズ&ワトソン・コンビは秀逸である。

また、事件解決後の後日談も丁寧で、それぞれの登場人物のその後をしっかりフォローしている。

これがデビュー作とは恐れ入る。
今後が楽しみな作家である。

[amazonjs asin=”4796661611″ locale=”JP” title=”チーム・バチスタの栄光(上) 「このミス」大賞シリーズ (宝島社文庫 599)”]

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。