長野温泉嵐渓荘 新潟県三条市(年末温泉2007の2日目)

貸し切りの深湯で、湯船に浮かべて日本酒を一杯。
大晦日の朝は玄関で餅をつき、その餅で朝食に雑煮ときな粉餅を食べる。
嵐渓荘は、至れり尽くせりの日本の宿だった。

出発しようと思ったら粉雪が舞いだし、あっと言う間に本格的な降りになってしまった。
高速も、チェーン規制こそないものの、うっすら雪が積もって、滑らないか不安だった。
高速を走っているうちに、雪はいつしか雨になり、雨も止んだ。
一時はどうなるかと思ったが、まずは安心。

高速を降りた時には雨が降っていたので、観光はあきらめ、昼飯を食べるところを探す。
途中で発見した魚の美味しいという店に入る。
カキ鍋がとても美味しかった、らしい。
私はお魚定食を食べた。
焼き魚と刺身の組み合わせで、まずまずの味だった。

2008onsen10

スーパーの駐車場が混んでいたので、コンビニで宴会用の酒とツマミを仕入れて、16時前には長野温泉嵐渓荘に到着。
なかなか雰囲気のある宿である。
丁度雪が降り始めて、川の見える部屋から風景に趣がある。

2008onsen11

2008onsen12

雪が小ぶりになって来たので、長靴を借りて宿の周りを散策する。
やはり寒い。
長靴に水がしみてきたので、急いで戻った。
ロビーで飲料の温泉を飲んだら、とてもしょっぱかった。
お茶受けの芋ヨウカンがとても美味しく感じられた。

風呂は時間指定の貸切。
2種類のうち今回は深湯だった。
立ってはいる風呂は初めてである。
立ったままで湯船に浮かべた日本酒を飲む。
極楽極楽。
制限時間の30分はすぐに終わってしまった。

2008onsen13

2008onsen14

夕食はとても美味しかった。
量も、タイミングも丁度良く、堪能出来た。
完食して、満足、満足。

2008onsen15

翌朝目が覚めると、しんしんと雪が降り続け、積もっていた。

2008onsen16

布団をあげる担当者が3人現れ、素早く布団を片づけて、去っていった。
この旅館のスタッフにはプロフェッショナルを感じる、気がする。

2008onsen17

朝食前には、玄関前で餅つき大会。
運動も兼ねて餅をつこうと張り切っていたのだが、ギャラリーの多さに腰が引けてしまった。
その上、老婆がプロ並みの技を見せて餅をついていたので、おとなしく見学に徹することにした。

朝食はおせち料理に、つきたての餅が入った雑煮ときな粉餅で、1日早く正月が来てしまったようだった。

2008onsen18

雪が積もっているので車を出せるか心配だったが、駐車場はお湯で雪が溶かされているので問題なかった。
でも、駐車場が水びたしだったので、靴の中に浸水して冷たい。
宿の人に確認したら、道路もお湯で解凍されているので、チェーンは必要ないと言われた。
ラッキー!

雪やアラレ、ヒョウの中をゆっくり進む。

途中コンビニに寄ったら、後ろ右タイヤがパンクしているのを発見した。
不幸中の幸いなことに、コンビニの目の前がガソリンスタンドだったので、パンクを修理してもらうことにした。
しかし、パンクしたタイヤのフレームが歪んでいたので、スペアタイヤを使うことになった。
長岡のオートバックスに電話で確認したら、夏用タイヤは置いていないとのことなので、埼玉までスペアタイヤでダマシダマシ帰ることになった。

2008onsen19

少しは観光をしようと思ったのだが、幻の長岡城は存在しないようだったので、長岡駅そばの駐車場で車をとめて、駅ビルでお土産を買い、駅の近辺を散策した。
大晦日なのでほとんどの店は閉まっており、結局駅ビルに戻ってわっぱ飯を食べた。
レジのおばちゃんが、精算せずにお金をレジに入れてしまったので、お釣りが分からなくなり、少しモメた。

高速道路はチェーン規制だったが、路面の状態は悪くなかったので、ノーマルのまま行けるところまで行くことにした。
途中、追い越し禁止の除雪車部隊の後ろを時速20キロで走ったりしていたが、塩沢石内でチェーン装着のチェックがあり、惜しくも逃げ切れなかった。
その方が安全なのは確実だが・・・
そして、20キロ後には関越トンネルに入るため、チェーンを外すことになった。

2008onsen20

20時30分頃には、いつものデニーズ到着。
トラブルがあったわりには、まともな時間に帰り着いた。
天気が悪かったので、全然観光しなかったので、当たり前といえば当たり前だが。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。