ドシロウトでもつくれる儲かるしくみ

ドシロウトでもつくれる儲かるしくみインターネットを使ったリストマーケティングの手法が、ていねいに説明されている。
「リストマーケティング」というから、怪しい商売かと思ったら、至極まっとうな、王道ともいえる手法だった。

本書では、以下の集客システムを解説している。

  1. あなたの商品に興味がある見込み客を探す
  2. リスト取りページに誘導する
  3. 特典を配布してリストを集める
  4. リストにセールスメールを送信する
  5. 商品購入
  6. 購入者にフォローメールを送信する
  7. 商品の販売に協力してもらう

ターゲットの設定はマーケティングの基本である。
しかし、本書で推薦しているように「ターゲット像を一人になるまで絞り込んでいくこと」までは、なかなか出来ていないのが現実だと思う。
ターゲットとする人が目の前にいるようにイメージしないと、説明文を書くのは難しい。
「どんな人が買うのか?」ではなく、「誰に使ってもらいたいか?」という視点も良い。

見込みユーザを探す方法として、メールマガジンやSNSは一般的だが、「お悩み解決サイト」は盲点だった。
試行錯誤の結果得られたノウハウという感じがする。

Webブラウジングはウィンドショッピングと同じで、その時に購買行動を起こさなければ、2度とそのサイトを訪れない可能性が高い。
顧客に購買を決定される方法として、限定期間・限定数量・限定価格が有効なようだ。
そう言えば、この頃は限定をうたっているサイトをよく見る。
確かに、世の中には「限定」に弱い人が多い。

購入行動の基本プロセスである「なんとなく気になっている→興味が湧いてくる→質問する→納得する→購入する」をカバーするようにステップメールを構成し、極力自動化する方法は、とても論理的でスマートだ。
ネット販売を真剣に考える時には、参考にしたい方法である。

[amazonjs asin=”4757304854″ locale=”JP” title=”ドシロウトでもつくれる儲かるしくみ”]

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。