エンプティー・チェア

エンプティー・チェア〈上〉 (文春文庫)全く車椅子から動けない、本当の意味でアームチェア・ディテクティブである元犯罪学者リンカーン・ライム。
「ボーンコレクター」から続くリンカーン・ライム・シリーズ第3弾である。

ディーヴァーは本当に、エンターテーメントを描くのが上手い。
今時言うのも恥ずかしいが、どんでん返しに継ぐどんでん返しである。

鑑識の方法もリアルであり、昆虫の生態に関する引用も面白い。
手がかりのリストが何度も出て来るのは、読者を推理に誘導しているのだろうが、高度な化学の知識が無ければ、とても正解には辿り着けない。

しかし、アメリカの司法取引は恐ろしいものがある。
まさか、そんな強引なハッピーエンドがあり得るなんて!

[amazonjs asin=”4167705389″ locale=”JP” title=”エンプティー・チェア〈上〉 (文春文庫)”]

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です