グラス片手にデータベース設計 販売管理システム編

グラス片手にデータベース設計~販売管理システム編 (DBMagazine SELECTION)ERPパッケージとユーザの業務のFit&Gap分析を行う関係で、トランザクションの分析をしていたら、丁度良い本があった。
本書では、販売に関するシステムについて、DBを中心に解説されている。

販売管理システムと言っても、本書で扱われている範囲は、受注・出荷/売上・請求・回収、発注/仕入・入庫・仕入/支払までで、人事・給与を除けば、一般的なERPとほぼ同様である。
ちゃんと倉庫間移動や実地棚卸も扱われており、実戦的な内容となっている。

各業務について、DBの構造がE-R図になっているので、直感的に理解し易い。
また、組織変更を意識したDBの設計方法や、返品時の赤黒処理の対応など、実際の開発時には問題となるが、経験がないとなかなか気づかないところも解説されていて、気が利いている。

明日からの業務の参考とさせて貰おう。

作者の趣味だとは思うが、各章の最後にあるカクテルのレシピは、私には不要だった。

P.S.
入間に大きなアウトレットモールが出来たと聞いたので、自転車で行って来た。
近いと思っていたら、往復40キロだった。
GPSで方向だけを頼りに走ったら、狭山の茶畑や赤坂の森の中を走ることになった。
山はないが、ちょっとした旅行だった。

[amazonjs asin=”479810566X” locale=”JP” title=”グラス片手にデータベース設計~販売管理システム編 (DBMagazine SELECTION)”]

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。