マーダー・プラン

マーダー・プラン(上) 臨床心理医アレックス (講談社文庫)安楽死を提供する通称ドクター・デスが、自ら考案した安楽死装置で惨殺された。
ロス市警のマイロの依頼で、臨床心理医のアレックスは犯人を追う。

ジョナサン・ケラーマンの臨床心理医アレックス・シリーズも、ちょっと目を離した隙に、20冊にも達していた。
本書は、その14冊目の作品である。

もともと児童虐待がテーマの暗い話が多かったが、本書でも幾つかの家庭の崩壊が背景にあり、やはり救われない。
華やかなロスの生活と、その裏にあるアメリカの病んだ部分が克明に描かれている。
そんな中、アレックスとその恋人の健全な生活が救いである。
アレックスの相棒であるマイロ刑事が、実はゲイであるのも、現代アメリカ的である。

事件の全容はなかなか解明されず、思ってもいなかった人物が犯人である辺りは、やはり優秀なミステリーである。
しかし、最後に明かされるもうひとつの事件の犯人と動機は、さらに意外であり、救いがない。

[amazonjs asin=”406275343X” locale=”JP” title=”マーダー・プラン(上) 臨床心理医アレックス (講談社文庫)”]

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。