原価管理とコスト削減がよ~くわかる本

図解入門ビジネス 最新 原価管理とコスト削減がよーくわかる本―原価管理の基本&コスト削減ノウハウ (How‐nual Business Guide Book)次の仕事は原価管理の指導なので、急遽原価管理のプロにならなければならない。
まずは、入門書をいくつか読んで、にわか専門家の速成だ。

原価管理とは、製造に関わるコストを低く抑える活動である。
原価には材料費、部品費、労務費、製造経費、減価償却費があり、組み立てメーカーでは労務費の比重が高く、機械加工メーカーでは減価償却費の比重が高い。

原価計算原価管理部門、経営トップ、経理部門、設計部門、購買部門、製造部門、営業部門のそれぞれで利用方法が異なる。
また、経理部門、設計部門、購買部門、製造部門、営業部門のそれぞれで原価の削減方法が違う。

原価には次の4つの種類がある。
「見積原価」現在まだ作っていないが、将来その製品をつくったらいくらになるか予測した原価。
「目標原価」コスト削減活動の目標になる原価。
「標準原価」会社全体の予算の基礎になる目標原価。
「実際原価」工場で実際に製造するためにかかった「製造時間や購買実績」を集計した原価。

基本的に解説されている内容はこれだけである。
同じことが何度も語られている。
本当は半分くらいのページ数で良かったのではないか?
まあ、入門書とは、そういうものか。

[amazonjs asin=”4798014826″ locale=”JP” title=”図解入門ビジネス 最新 原価管理とコスト削減がよーくわかる本―原価管理の基本&コスト削減ノウハウ (How‐nual Business Guide Book)”]

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。