史上最強の人生戦略マニュアル

史上最強の人生戦略マニュアル人生の戦略は、プロジェクトマネジメントに似ている。
目標を決めて、優先順位をつけ、スケジュールを立て、進捗を計測する。

この本では、まず、自分自身の問題と向き合うことを要求している。
自分の心の中にある不安や恐れと真剣に向き合うことから、初めて解決策を検討することが出来る。
世に数多くある成功本と違い、かなりシビアである。

著者は、人生には次のような法則があると言う。

1.ものがわかっているか、いないか
(本当に生きるということ)
2.人生の責任は自分にある
(自分の選択と態度に焦点をあてる)
3.人はうまくいくことをする
(「見返り」が行動を支配している)
4.自分が認めていないことは変えられない
(問題は、あなたが認めるまで悪化していく)
5.人生は行動に報いる
(違うことを「する」)
6.事実なんてない。あるのは認識だけだ
(過去の出来事を言い訳にしない)
7.人生は管理するもの。癒すものではない
(今すぐ人生計画を立てる)
8.私たちは自分の扱い方を人に教えている
(見返りを断つ)
9.許しには力がある
(憎しみはあなたの心を変えてしまう)
10.自分が求めているものを知り、要求する
(あなたのゴールラインはどこか?)

自分自身のことがわからないということは、自分の欲求や自分に必要なものがわからないということだ。自分にとって何がいちばん大切なのかわからないということである。
自分を知ることの重要性を過小評価してはいけない。

そして、人生の法則と自分自身を知ったら、目標を定め、スケジュールを立てて、進捗度を管理する。
それが人生を成功に導く戦略である。

本書の課題を地道にこなせば、知らなかった自分が見えて来るかもしれない。

[amazonjs asin=”4877712399″ locale=”JP” title=”史上最強の人生戦略マニュアル”]

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です