脳を活かす勉強法

脳を活かす勉強法 奇跡の「強化学習」脳科学者・茂木健一郎による、脳科学から見た正しい勉強法である。
内容的にはNHKの「プロフェッショナル」の特集に近いものだった。
学ぶことの面白さに目覚めれば、脳はどんどん学習する、というのが基本的な考え方である。

「強化学習」のサイクルは以下の通り。
-ある行動をとる
-試行錯誤の末うまくなる
-ほめられる、達成感を得るなど報酬を受けとる
-ドーパミンが放出され快感を得る
-ある行動と快感が結びつく
-再び同じ行動をとりたくなる

自分の作業に時間制限を加え、脳を鍛える「タイムプレッシャー」や集中力を高める極意など、面白いノウハウが公開されている。

[集中力を高める極意]
・速さー作業のスピードを極限まで速くすること
・分量ーとにかく圧倒的な作業量をこなすこと
・没入感ー周囲の雑音が入らないほど夢中になること

また、脳科学的に見て、効率的に勉強するには、優し過ぎず、難し過ぎない課題に取り組むのが良いようだ。

[amazonjs asin=”4569696791″ locale=”JP” title=”脳を活かす勉強法 奇跡の「強化学習」”]

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です