水上 スノーシューツアー

予てから興味のあったスノーシューツアーに行って来た。
スノーシューは思っていたより歩き易い。
近頃にしては珍しく快晴だったので、風景も堪能出来た。
大宮から新幹線で上毛高原駅に行くのだが、指定席が売り切れだった。
立ったまま1時間かと思ったが、熊谷で無事座ることが出来た。

今回のツアーは、マックスと言うショップでお願いした。
ランチ付きの1日スノーシューツアーが8,000円である。
上毛高原駅まで迎えに来てもらい、水上駅で他のメンバーを拾って事務所に向かった。
1日ツアーのメンバーは、私以外は女性2人だった。
スノーシューツアーは、どうやら女性に人気があるようだ。
マックスの代表に聞いたら、男性は女性に連れて来られる人がほとんどだそうだ。

スノーシューとストックを借りて、出発。
スノーシューのはき方は、説明を聞くと難しそうだったが、やってみると簡単だった。
午前中は、午前半日コースの女性達と一緒に歩くことになる。
天気が良いので、スキーウエアでは暑い。

Snowshoe02

ちょっとした滑り止めの爪があるだけだが、スノーシューを履いていると、雪の上はとても歩き易い。

まずは、小さな崖をお尻で滑る方法を教わる。
基本、座るだけなので、とても簡単。
人の重さでどんどん圧雪されるので、崖が滑り易くなって、後の人の方が速くなる。

Snowshoe03

枝の折れた茎が人の顔に見える木や、うさぎの足跡などの説明を受けながら、のんびり川沿いを歩く。
ほとんど平行移動で、高低差がないので疲れない。

Snowshoe04

お昼前に、谷川岳が見えるビューポイントで休憩のお茶の時間になる。
午前半日チームとはここで別れ、1日チームは更に奥に進む。

Snowshoe05

Snowshoe06

一ノ倉(だったような・・・)の絶壁を堪能した後、ランチタイムとなる。
丁度お腹も空いて来ていたので、たっぷりキノコの入ったうどんが美味い。
デザートは、雪に練乳をかけて食べた。
手が冷たいので、急いで食べなければならない。

Snowshoe07

天気も良いし、時間も早かったので、そこから少し登ることになった。
女性達は少し疲れていたようだが、これくらいの運動はしないと山に来た気がしない。
帰りは尻スキーで快適に下った。
これは速い!

Snowshoe08

だいたい来た道を帰って、4時間程度の行程だった。
筋肉痛の心配もない、ピクニックのような感である。

水上スノーシューマップ
GPSがザックの中に入れっぱなしだったので、うまくログが取れなかったが、この辺りを歩いた。

SnowshoeMap

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。