コンサルタントの「現場力」

コンサルタントの「現場力」 どんな仕事にも役立つ! プロのマインド&スキル (PHPビジネス新書)「コンサルタント」を聖職と考えるのには、ちょっとひいてしまう。
しかし、内容的には納得できる部分も多い。
確かに場数を踏んでいる人が書いた、という気がする。

コンサルタントの基本が、「情報収集」から「課題解決」への収束、「課題解決」から「戦略シナリオ」への拡散なのは、どの業界でも同じようだ。
だから、コンサルタントという怪しい人種は、不慣れなテーマでも、それなりに形にしてしまう。
つまり、「専門知識+考え方のフォーマット」だから、専門知識側が足りない時も、短期間でキャッチアップしてフォーマットに落とし込むようだ。

収束・拡散の過程で様々なフレームワークを使うのだが、元は2つ(ツリーとマトリックス)で、後はそのバリエーションだと言われると、なるほどと思うし、気楽にもなる。

顧客との渡り合い方や資料の作り方、プレゼン方法など、現場に即した方法も多い。

[amazonjs asin=”4569654088″ locale=”JP” title=”コンサルタントの「現場力」 どんな仕事にも役立つ! プロのマインド&スキル (PHPビジネス新書)”]

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です