妖怪アパートの幽雅な日常

妖怪アパートの幽雅な日常1 (講談社文庫)高校入学と同時に入居したアパートは、物の怪と変人の住処だった。
ハートウォーミングなコメディである。

アパートに巣食う妖怪と怪しい変人たちが繰り広げるドタバタ騒ぎは、高橋留美子のマンガを想わせる。
主人公は13歳の時に両親を亡くし、親戚の家での肩身の狭い生活から逃げ出したかった。
コメディとはいえ、シビアな背景もある。
大人になろうと無理をしていた主人公は、アパートの物の怪たちに受け入れられることで、心を開いていく。

文章もシンプルで、マンガのようにスイスイ読める。
1巻では、数多い登場人物は、少ししか活躍していない。
今後が楽しみで、すぐに2巻を買ってしまった。

[amazonjs asin=”B009GXLTL6″ locale=”JP” title=”妖怪アパートの幽雅な日常1 (講談社文庫)”]

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です