英語で手帳をつけてみる

英語で手帳をつけてみる日々書き込んでいる手帳を英語でつければ、イヤでも英語に親しむことが出来る。
なかなか面白い発想である。
それに手帳に書くような短い文章ならば、英語にしても難しくないかもしれない。

というわけで、この本を買ってから、自分の手帳を眺めてみた。
手帳の中スケジュールは、スタートとエンドの間に線を引いて、アポイントのある会社名や相手の名前が書いてあるだけである。
あまりにシンプル過ぎて、英語にする意味も感じられない。

やはり、日記程度の長さがないと、英語に慣れるもなにもない。
そう言えば、「英語で日記を書いてみる」の作者も同じ人だった。
発想はいいのだが・・・

[amazonjs asin=”486064221X” locale=”JP” title=”英語で手帳をつけてみる”]

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。