野生の呼び声

野性の呼び声 (光文社古典新訳文庫)犬を主人公にした古典なので、名犬ラッシーのようなほのぼの系かと思ったら、予想外にハードボイルドだった。
読者の野性も呼び起こされるような作品である。

金持ちの家で悠々自適の生活を送っていたバックは、使用人に攫われて、アラスカで犬ぞりを引く橇犬となる。
過酷なアラスカの自然の中で、バックは上品さを捨て、生き抜くために逞しく、狡猾になっていく。

犬を愛する人との心温まる触れ合いもあるが、バックは自分が生き残ることを最優先とし、だんだん蘇ってくる野性の本能に忠実に行動するようになって来る。
人間の観点からすると道徳的とは言えないが、本能のままに、ただ挑みたいがために巨大な牛まで倒す姿は、清々しいものがある。
人間がとっくの昔に失った野性を、オオカミの末裔である犬は、いまだに持ち続けているのだろう。

[amazonjs asin=”4334751385″ locale=”JP” title=”野性の呼び声 (光文社古典新訳文庫)”]

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。