KAPPA

KAPPA (徳間文庫)柴田哲考のトンデモ本(と個人的に呼んでいる)。
今回のテーマはKAPPAである。
なかなかしっかりした冒険小説だったりする。

TENGUも懐かしいSFスリラーのテイストを持った、楽しめる作品だった。

今度はKAPPAである。
牛久沼で釣り人が河童に喰い殺されたのが事件の発端である。
今時河童とは、コメディ小説かと思えば、奇をてらわず、手堅い冒険小説になっている。

落ちぶれたルポライター、年老いた漁師、登校拒否の少年、地方でくすぶる刑事が、チームを組んでKAPPAを追う。

多少無理がある気もしないではないが、オカルトに逃げずに問題を解決した作者は、かなり頑張ったと思う。

[amazonjs asin=”4198929270″ locale=”JP” title=”KAPPA (徳間文庫)”]

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。