「お化け屋敷で科学する」と、ガンダムお台場に立つ!

お化け屋敷を体験しつつ、恐怖とは何か学習する、日本科学未来館の企画展「お化け屋敷を科学する」に行って来た。
せっかくお台場に来たのだからと、潮風公園で建設中の実寸大ガンダムを見学した。
デカい!
そして、カッコいい!

企画展の終了間近は混雑すると聞いていたので、開場時間の10時に到着するようにしたが、既に行列が出来ていた。
入場料と常設展示は600円、特別展示が更に600円だった。
特別展示は、「お化け屋敷で科学する」と「ターミネーターの世界」だった。

まずはお化け屋敷に入る。
これがショボイ。
霧状の水をかけられたり、ドライアイスの煙の輪をぶつけられたりするだけの子供騙しである。
しかし、最後に驚くべきオチがあった。
実は、お化け屋敷の客がモニターを見ながら、水をかけるタイミングを見計らってボタンを押しているのだ。
これは新しい。
ボードに手書きされた恐怖の説明も、ウィットに富んだものが多く、楽しめた。

常設展示では、生ASIMOを見た。
テレビやネットで見たことはあるが、実物を見ると、その滑らかな動きに感動する。
サッカーボールを蹴り、走る姿を見ると、人型ロボットが人間の生活に入り込んでくるのも、そう遠い未来ではないと感じさせてくれる。
ASIMO以外にも、インターネットのパケット通信を鉄の玉で説明する展示や、虫型ロボット、様々な体験型の展示もあり、なかなか楽しい。
休日は子供が多いので、今度平日にゆっくり見学したくなった。

Daiba3

Daiba4

暴力的な太陽に追いつめられながら、お台場海浜公園のアクアシティで極上カレーを食べて、建設中のガンダムを探した。

その姿は、海岸の公園でこつ然と現れる。
実寸大の18メートル。
デカい!
アニメっぽいデザインのガンダムは、あまり好きではなかった。
しかし、実物を見ると、そのカッコ良さに圧倒される。

まだ工事中なのに、沢山の人が集まり、写真を撮っている。
完成したら観光名所になるのだろう。
期間限定で、取り壊すのは勿体ない。

Daiba5

Daiba6

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。