名探偵の呪縛

名探偵の呪縛 (講談社文庫)名探偵天下一大五郎(になってしまった主人公)は、本格推理の存在しない不思議な世界に迷い込んでしまう。
本格推理のパターン化に挑戦する東野圭吾のコメディシリーズも、ここまで来るとファンタジーである。

本格推理の掟に縛られ、仕方なく事件を解決する名探偵・天下一大五郎が活躍するのが前作「名探偵の掟」だった。
本作では、更にひねって、本格推理が存在しない世界が舞台である。

しかし、パターンを否定するために、パターンを踏襲するしかないジレンマは、前作通りである。
次の展開が読めてしまうので、真剣に文章を追おうという気にならない。

過去の歴史が不明な町に住む住民は、自分たちの存在意義に悩んでいた。
殺人を犯し、名探偵に見破られることで、初めて自分の生まれて来た意味がわかった、と妙に清々しく語る犯人が面白い。

テレビ版のキャスト、スタッフで、この小説を元にして映画化して欲しいものだ。
その時は、「名探偵とフォーリンラブしてしまうかもしれない新米女刑事」の存在は、忘れないで欲しい。

[amazonjs asin=”4062633493″ locale=”JP” title=”名探偵の呪縛 (講談社文庫)”]

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。