葉山シーカヤック

リバーカヤックとカナディアンカヌーを経験し、最後に残ったのがシーカヤックだった。
これで、私のカヤック・シリーズも一応終了する。
しかし、シーカヤックには思わぬ落とし穴があった。

カヤックは持ち運びが難しく、私の中では趣味には出来ないと決定されていた。
けれども、シーカヤックだけは、一度乗ってみたかった。
シーカヤックは、見た目に美しいのだ。

いきなり涼しくなって来たので、焦ってシーカヤックの体験コースを申し込んだ。
アウトドア系のアクティビティポータル「そとあそび」で調べると、関東では神奈川県にしかショップがない。
そのうちのひとつ、葉山シーカヤックに申し込んだ。
体験コース(1人乗りカヤック使用) 半日午後コース。7,300円也。

逗子は遠い。
池袋からの直通電車でも1時間以上かかる。
逗子駅からバスで到着した逗子の海岸は、観光地らしい、いい雰囲気である。
ウィークディは涼しかったのに、また夏に逆戻りしたような陽気で、夏休みに海に来た感じである。
寒いと思って予約しておいたウェットスーツはキャンセルした。
海パンとラッシュガードで十分だった。

Zushi2

インストラクターに連れられて、海岸をカヤックまでは歩く。
混んでいるとショップの店員に言われて心配していたが、我々のチームは私と中年夫婦の3人だった。

まずはカヤックへの乗り込み方、バランスの取り方など教わる。
カヤックは内部が3ブロックに分かれていて、前後のハッチに沢山荷物を積めるだけでなく、座っている真ん中のブロックが浸水しても沈没しない仕組みになっている。
エプロンを付けて座席の周りを覆い、水が入らないようにすると、とてもカヤックっぽい。

Zushi1

インストラクターに引っ張ってもらい進水。
シーカヤックは、とても簡単だった。
リバーカヤックは、直進するだけで随分苦労したが、シーカヤックは直進性能が良いので、何の苦労もない。
周りにぶつかるものもないので、細かいコントロールに気を使うこともない。
ただ、波の上に居ると、常に安定しない気がして、バランスを取ろうと、無駄に足を踏ん張ってしまう。

天気は良かったが、波は荒かった。
さすがに海専用だけあって、シーカヤックが転覆する恐れはなかった。
しかし、気持ちが悪くなって来た。
船酔いである。
マリンスポーツも好きなので、つい忘れてしまうが、私は船酔いするのだった。
リバーカヤックやカナディアンカヌーでは、船酔いなどする気もしなかったが、海は甘くなかった。

海を渡る風は心地良いのだが、船酔いが悪化しないように、なるべく遠くを見るように頑張った。
結局、後半に入った波のない川の方が落ち着いた。
それって、リバーカヤックなんじゃ?と、自分に突っ込みを入れたくなる。

今回は船酔いにやられたが、荷物が沢山積めて、操作のし易いシーカヤックで、旅行をしてみたいものだ。

Zushi3

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です