陽気なギャングの日常と襲撃

陽気なギャングの日常と襲撃 (祥伝社文庫)爽快な犯罪者を描かせると、伊坂幸太郎は本当に巧い。
本書は、名作「陽気なギャングが地球を回す」の後日談である。
再度、特殊技能を持つ4人組の銀行強盗が登場するが、今回は銀行強盗はしない。
普段犯罪を行っていると、たまには人助けをしたくなる、そうだ。

嘘を見抜く名人、演説の達人、正確な体内時計を持つ女、天才スリ。
この4人が銀行強盗団である。
前半は、各自が関わった事件が別々に描かれる。
それぞれの事件が絡み合って、後半の誘拐事件へと繋がって行く。
彼らが誘拐するのではなく、誘拐された女性を助け出す側なのだが。

まず、4人には犯罪者としての罪悪感や緊張感はまるでない。
銀行強盗は、高度で知的なゲームに過ぎないという扱いである。
だから、犯罪小説としての暗さがなく、どこまでも軽快で、爽快である。

セリフがいい。
テンポが良く、読んでいて何度か吹き出しそうになった。
また、構成が凝っているのだが、ムダ無く、キチンと収まっていて、気持ちが良い。
優れたエンターテーメントには、ユーモアと構成が重要だと、改めて実感した。

[amazonjs asin=”4396335210″ locale=”JP” title=”陽気なギャングの日常と襲撃 (祥伝社文庫)”]

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です