石間峠1,000mに立つ

本格的に寒くなる前に、高目の山を攻めることにした。
石間峠は以前にもチャレンジしたことがあるが、最後には歩いてしまった、と日記にはあった。

経験も積み、マシンも昔より軽くなったので、今度はいけるはずだ。
また、トゥークリップのテストにも丁度良い。
またも家を出るのは遅くなってしまった。
その上、家からスタート地点の龍勢会館まで、車で2時間半もかかる。
走り出したのは12時近くなってしまったので、7時間かから本来のコースは諦め、ショートカットすることにした。

Ishima5

会社の近所のショップで衝動買いしたトゥークリップを付けての出陣である。
ショップの兄ちゃんの話だと、引き足も使えるので楽になるはずだが、走り出す度にクリップに靴を入れるのが面倒である。
クリップに気を取られていると、転びそうになる。
あまり効果も実感できなかったので、お蔵入りになってしまうかもしれない。

Ishima1

椋神社の横を抜けて、城峰山方面の看板を探して、しばらく迷う。
やっと看板を見つけて、ひたすら上る。

石間小学校手前で自転車の幼稚園生を無情に抜き去ったが、休憩していたら抜き返されてしまった。

急になったり、穏やかになったりの差はあるが、ひたすら上り続ける。
紅葉が綺麗なのが救いである。
それでも、だんだん飽きて来る。
足を使い切らないように、休憩を取りながら上る。
この時期は、休憩しているとすぐに寒くなるので、ゆっくり休むことも出来ない。

半納の集落や太田部峠など、目印があるとほっとする。

本日の最高地点である石間峠の手前で急に眠くなった。
疲れたという訳ではなく、眠くて眠くて、何もしたくなくなった。
それでも騙しだまし進んで、標高1,000m(私の腕時計の高度計調べ)の石間峠に到着した。

Ishima2

Ishima3

パンの食事を軽く取って、後は下るのみ。
道が悪くて、少しも気が抜けない。
道が広くなり、舗装が良くなってからは、気持ちよく走ることが出来た。

Ishima4

無事、明るいうちに龍勢会館に帰還した。
かなり疲れた。

IshimaMap

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です