2009年末温泉3 明石大橋、鉄人

最終日は、朝食を食べているうちに雪が降り始めた。
渋滞知らずで天気にも恵まれて来たが、最後の最後で罠が待っていた感じである。
雪が積もる前に動こうと、朝食を食べるとすぐに出発した。

ホテルを出てすぐのガソリンスタンドに入ると、「ノーマルだよ」と驚かれた。
こちらは埼玉から来たのだし、昨日までは天気が良かったのだから、いささか心外である。
しかし、大人の対応として、安全なルートの情報収集をした。
昨日通った山道は、上り坂で止まってしまうと手も足も出なくなるので、細いが高低差の少ない田舎道を勧められた。

確かに道は細い。
崖っぷちの細い道を、雪が降るなか、延々と走る。
ドライバー側からはわからなかったが、助手席側では断崖絶壁の恐怖が堪能出来たようだ。
途中で路線バスに抜かれてからは、バスをペースメーカーとして、楽に走ることが出来た。

四国内も高速は雪だったが、大鳴門橋あたりでは快晴となり、景色が楽しめるようになった。
しかし、横風が強く、車がふらつくので、気が抜けない。
風が強くて、展望台でカメラを構えるのも大変なくらいだった。
この横風は、関東に入るまで続いた。

2009SAP3_01

そして、次は明石大橋。
これもまた雄大な橋である。
アメリカ映画に出てきそうな、スケールの大きな橋である。
この橋を快晴の日に見れて、とてもラッキーだった。

2009SAP3_02

今回の最終ミッションである等身大鉄人28号像を拝みに、神戸に向かった。
実際には、神戸駅ではなく、新長田駅の公園に建設されている。
実物を見ると、やはりカッコいい!
ガンダムと違い、マンガらしいポーズを決めているのだが、これがサマになっている。
あまりにオモチャっぽいので、人間を一緒に撮影しないと、大きさがわかならいという問題がある。

2009SAP3_03

2009SAP3_04

鉄人像を拝んだ後に、寒風吹きすさぶ新長田駅周辺で神戸牛ステーキを探したが見つからず、仕方なく高速のSAで昼食にした。

その後も、渋滞にハマることはなかったが、自宅付近に到着したのは夜中の12時近くになってしまった。
自宅に着いた時には、既に新年になっていた。
往復で約2,000キロなのだから、この時間で帰れただけでも運が良かった。
大人なんだから、遠くに行く時は、飛行機で行きたい。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。