風魔

風魔(上) (祥伝社文庫)忍者小説である。
しかし、山田風太郎のような怪しい忍術は登場しない。
風魔一党の長、小太郎を中心として、秀吉、家康などの戦国武将を交えた歴史小説の色合いが強い。

小太郎は忍術どころか、武器を使わない。
巨体を活かして、手足を武器に相手を殴り殺す。
滅法強い!

そして、どこまでも爽やかな野生児である。
小太郎の人柄に時の偉人たちは一様に惹かれるが、家康などの権力者は、無欲故に扱い切れず、恐れることになる。
それが、風魔一党の悲劇へと繋がる・・・
と思ったが、最後はまさかのハッピーエンドだった。

敵方のキャラクターも面白い。
一番のお気に入りは、圧倒的な強さを誇る美形の独り忍び唐沢玄蕃である。
どこの組織にも属さず、家康の暗殺をひとりで実行するほどの力を持っているが、小太郎に「俺しか友達がいないのだろう」と言われてしまう可愛さもある。
その他にもクールな剣士柳生又右衛門、ダイハードな曽呂利新左衛門など、とても楽しませてくれる。

[amazonjs asin=”4396335288″ locale=”JP” title=”風魔(上) (祥伝社文庫)”]

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です