iPhoneアプリケーション開発ガイド

iPhoneアプリケーション開発ガイド ―HTML+CSS+JavaScript による開発手法iPhone開発ガイドは多数出版されているが、普通はObjrctive-Cを使ったネイティブアプリケーションの開発である。
この本では、JavaScriptを使ったiPhone版Webアプリケーションの開発方法を解説している。

Objrctive-Cを使ったネイティブアプリケーションは、AppleのAppStoreで配布するのが一般的であり、企業向けのアプリケーションには敷居が高い。
JavaScriptによるWebアプリケーションの方が、企業では利用し易いのではないかと思う。

この本では、JavaScript、HTML、CSSを使ったiPhoneのWebアプリケーションの開発方法を、簡単に解説している。
基本的にはJavaScriptで開発するので、それほど難しことでもない。
JavaScriptでの開発を効率化するjQueryの利用方法だけでなく、iPhoneアプリのフリをするためのライブラリも紹介されており、実用度が高い。
また、HTML5.0から利用可能になったローカルデータベースの利用や、オフラインアプリケーションまでカバーしており、丁度欲しかった一冊である。

さっそく、iPadのWebアプリを開発してみよう。

[amazonjs asin=”4873114616″ locale=”JP” title=”iPhoneアプリケーション開発ガイド ―HTML+CSS+JavaScript による開発手法”]

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です