13人の刺客

十三人の刺客 通常版 [DVD]久しぶりに時代劇を観た感じがする。
男女の悲哀などなく、むさ苦しい男が13人、ただただ悪い藩主を暗殺しようとする。
その単純さは清々しいばかりである。

残忍で悪名高い明石藩主の老中就任が決定する。
それを阻止しようと13人の侍が、参勤交代で国に帰る藩主を狙う。

途中で気付いたのだが、刺客たちは正義の為に戦っていたのではない。
街を要塞化したのだから、いくらでも効率的に殺す方法はあっただろうに、結局、侍ごっこをしたかったのだろう。
屋根の上から弓矢で有利に戦えたのに、敢えて刀で斬りかかるなど、太平の世で死に場を求めていたとしか思えない。

吾郎ちゃんの狂いっぷりがいい。
淡々と異常に残虐な藩主を演じる稲垣吾郎は、やたらリアルで説得力がある。
また、山の民を演じる伊勢谷友介もいい。
意味もなく強いキャラなのだが、彼の豪快な演技で納得してしまう。
「龍馬伝」の高杉晋作役といい、今後が楽しみな役者である。

[amazonjs asin=”B004NYB7OM” locale=”JP” title=”十三人の刺客 通常版 DVD”]

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。