OminiGraffle for iPad

iPad用お絵描きソフトとしてはSketchBook Pro for iPadも良くできているが、やはりペイントだけでなくドロー系のソフトも欲しい。
そこで有名なOminiGraffle for iPadを購入した。
価格破壊の進んでいるiPadアプリの中ではズバ抜けて高いが、よく出来ている。
精密な図形を描きたいシチュエーションには、ピッタリのソフトである。

指先で描ける電子キャンパスでもあるiPadには、ペイント系のお絵描きソフトがよく似合う。
しかし、ゼロックスのJ-Starで育った私は、図形を組み合わせて表現するドロー系ソフトの方が使い勝手が良い。
アップルのKeyNoteでは物足りなかったので、有名かつ高額なOmniGraffle for iPadを購入した。

使い方のコツをつかむまで、少し時間がかかった。
ステンシルという図形ライブラリから必要な図形を選択し、キャンパス上にドラッグする。
図形の場所や大きさはドラッグで変更出来るが、色や文字の属性は、図形を選択してから、情報ボックスを表示して、設定する。
図形の位置や大きさも、情報ボックスを使えばピクセル単位で指定出来るので、正確な描画に向いている。
実際、プレゼン資料を作成する場合も、キチンとした感じを出す為には、数値入力で作成することが多い。

フロー図や関係図、ホームページのイメージ作成には便利なソフトである。
ただ、複数のオブジェクトを揃える機能は強化して欲しい。
現状では、キャンパス上の全てのオブジェクトが整列してしまう。
選択したオブジェクトだけが整列してくれないと、使いものにならない。
また、矢印の開始・終了位置と曲がり方には、もっと自由度が欲しい。

Mac版OminiGraffleとも連携出来るので、十分仕事にも使えるソフトである。

LifeCounterProcess

SystemMap

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。