ランニングスタート・ブック

ランニング・スタート・ブック (趣味の教科書)なんとなくマラソンをしたくなって、図書館でマラソンの本を借りた。
驚いたことに、その本のモデルが「仮面ライダー響鬼」のお姐さんだった。
思わずamazonで購入してしまった。
骨盤を意識して体幹で走るのが、この本のランニングの特徴である。

実際にランニングを始める前に、ウォーキング、アクティブウォーキングと順番に練習することを薦めている。

ウォーキングのポイントは次の通り。

骨盤を大きく動かす意識で!
背筋をまっすぐに!
腕を大きく動かして!

アクティブウォーキングのポイントは次の通り。

腕の振りはやや後ろに大きく引く。
歩幅も大きくし、よりリズミカルに足を動かすようにする。

30分のランニングで疲れてしまう場合は、補強運動による体力作りを薦めている。
補強運動のスクワット
お尻を後ろに突き出すようにしてゆっくり脚を曲げる。ヒザが開いたり、内側に寄ったり、前に出てしまわないように注意。

足を肩幅に広げ、体をまっすぐに立つ。お尻に両手を軽く添える。
お尻を突き出すように、ゆっくりヒザを曲げ、再びゆっくり上げる。

[正しいランニングフォーム]

目線 まっすぐ。下を向かない。
ヒジ 後ろへ引くのがポイント。
背すじ しっかり伸ばす。正しい姿勢をキープ。
お腹 腹筋を使って走ると、姿勢が良くなり、理想的なフォームに近づく。
骨盤 大きく動かして、骨盤から脚を振り出すように。

来年の所沢マラソンまでに、飽きずに続けられれば良いのだが・・・

[amazonjs asin=”477791013X” locale=”JP” title=”ランニング・スタート・ブック (趣味の教科書)”]

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。