傾物語

傾物語 (講談社BOX)「化物語」シリーズ史上一番スケールの大きな話だった。
八九寺の出番が少ないが、カッコ良かったからいいとしよう。

何を言ってもネタバレになってしまうので、とてもレビューが書きづらい。
とても面白かったし、ドラえもん的SFだったのは確かだ。

八九寺が主人公のはずだが、本人が「お座敷が掛からなかった」と言う通り、あまり出てこない。
「化物語」最強のツーマンセルが中心である。

読者の裏をかく、西尾維新の能力は恐るべきものである。

[amazonjs asin=”4062837676″ locale=”JP” title=”傾物語 (講談社BOX)”]

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。