きみとぼくの壊れた世界

きみとぼくの壊れた世界 (講談社ノベルス)西尾維新のミステリー?
私的にはシスコンものにしか思えなかった。
今後のシリーズ展開で面白くなるのか?

本編の中間地点辺りまでは特に事件も起こらず、主人公とその妹がイチャつくだけのシスコンものかと思った。
やっと殺人事件が発生し、安心したほどだ。
保健室に登校している病院坂という女子高生はエキセントリックだが、それ以外は取り立てて尖ったところのない、西尾維新らしくない小説に思える。

シリーズとして、4冊は刊行されているので、今後面白くなるのかもしれない。
面白くなるとイイな。

[amazonjs asin=”4061823426″ locale=”JP” title=”きみとぼくの壊れた世界 (講談社ノベルス)”]

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。