武士道セブンティーン

武士道セブンティーン (文春文庫)女子高生の剣道青春小説「武士道シックスティーン」の、待ちに待った続編である。
前作の最後で別れ別れになった香織と早苗は、それぞれの環境で武士道へ向かう道を歩んで行く。
今回も面白かった!

早苗の転校により離れ離れになった二人。
現代の武蔵を目指す女剣士香織とお気楽剣道の早苗。
前作では、全く方向性の違う二人がぶつかり合い、成長していく姿が描かれていた。

早苗が転校したため、二人は離れ離れになってしまった。

今回は、早苗は転校先のスポーツ進学校、香織は元の剣道部での生活が中心に描かれている。
早苗は転校先の名門剣道部で、実力主義で勝ち負けが全ての剣道に馴染めず、迷い苦しむ。
香織は、自分だけの勝ち負けではなく、剣道部全体の向上に心を砕くようになり、後輩の育成にも励む毎日である。
前回では考えられないことに、ラブコメ的騒動にも巻き込まれる。

二人が別々の場所で活躍しているので、全然違う2つの話になってしまうのではないかと心配だった。
でも大丈夫。
むしろ、二人の距離は近づいたように思える。
二人は自分なりの方向性で、武士道を極めていく。
「武士は相手を殺すのではなく、戦いを収めるのである」
だから、剣道では急所に攻撃をしない。
なるほど!

早く「武士道エイティーン」が文庫に落ちないかな。

[amazonjs asin=”4167780038″ locale=”JP” title=”武士道セブンティーン (文春文庫)”]

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。