鴻巣市いちご狩りとビックリひな祭り

2月始めに予定していた静岡でのイチゴ狩りは、雪のため中止になってしまった。
第二弾は埼玉県の鴻巣である。
こんな近場でイチゴ狩りが出来るとは、灯台下暗しである。
期待していなかったビックリひな祭りにも、思いのほか驚かされた。

地元の先輩とは11時にストロベリーフィールドに現地集合だった。
ストロベリーフィールドは、通りから少し入ったところにあるので、ちょっと分かりづらい。

Kounosu01

Kounosu02

入場券の2,000円を払い、時間まで食べ放題だ。
ストロベリーフィールドでは、あきひめと紅ほっぺが食べられる。
2つの種類が楽しめるのは、飽きた時に味を変えられるので嬉しい。

ストロベリーフィールドの面白いところは、冷蔵庫に入っている練乳を少なだけ使っていいところだ。
練乳だけでなく、小ぶりの缶ジュースも飲み放題で、アイスやクリーム、ケーキのスポンジもある。
先輩の娘さんは、イチゴ狩りよりもイチゴを使ったケーキ作りに盛り上がっていた。

Kounosu03

Kounosu04

ストロベリーフィールドでは、お土産用のイチゴが売っていないので、イチゴを求めて道の駅「いちごの里」へ向かった。
残念ながら、「いちごの里」では、いちごは売り切れだった。
名前負けしている気がする。

「いちごの里」は、祭りのような賑わいだった。
私は、名物だという「そばコロッケ」を食べてみた。
味は予想通り。
ちょっと淡白過ぎる。

Kounosu05

「いちごの里」の近所にある販売店で、無事にお土産用イチゴをゲットし、鴻巣市役所で開催されている「ビックリひな祭り」に向かった。

地元の先輩から、たいしたことはない、と聞いていたので全然期待していなかった。
しかし、実際に見てみるとビックリ!
市役所の入り口に無数の雛人形が並んでいる姿は圧巻である。
はっきり言って、不気味である。
外国人なら、きっと喜んでくれるだろう。
鴻巣市も世界的に宣伝活動をすれば良いのに、と思う。

Kounosu06

Kounosu07

市役所の中に入ると、今度は天井まであるひな壇に、雛人形がギッシリ並んでいる。
それも一面ではなく、ピラミッドのような造りになっている。
不思議な文化だ。
ここは既に、日本でさえないのかもしれない。

Kounosu08

Kounosu09

雛人形を堪能した後、植木のオークションを見物し、先輩の家で待ちに待ったビールをしこたま飲んだ。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。