スカイライン-征服-

スカイライン -征服- [DVD]何か分からんけど宇宙人が攻めて来て、人間が負けまくる映画である。
贅沢は言わないが、もう少し「希望」があっても良かったんじゃないか。

登場人物達が高級マンションでパーティーで盛り上がった翌朝、謎の青い光が窓から差し込み、光を見つめた人間が吸い込まれてしまう。
巨大な宇宙船も降りて来て、そこから放たれた小型艇も人間を襲い、地上は人間狩りロボットが闊歩する。
登場人物達は、仲間割れしつつも、生き残るために逃げ回る。

爆撃機による宇宙船への攻撃も効果がなく、人類に対抗出来る手段はない。
文明の進んだ宇宙人が侵略しに来たら、人類が対抗出来ないのが本当かもしれないが、アメリカ映画で、ここまで救いがないとは。
いつになったら宇宙人の弱点が見つかるのか、とずーっと思い続けていた。

最後の最後に、人類が狩れれる理由が判明し、ちょっとした反撃に出るのだが、どちらも、それはないだろう、という感じである。

明らかに低予算映画の脚本だと思うのだが、CGには気合が入っていた。

[amazonjs asin=”B005GSY8PO” locale=”JP” title=”スカイライン -征服- DVD”]

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です