チヨ子

チヨ子 (光文社文庫)宮部みゆきの怪談系短篇集である。
ちょっと不思議な話や泣かせる話が多いが、最後の中編はインパクトがあった。
さすが宮部みゆき!気が抜けない。

宮部みゆきのミステリーと時代小説は圧倒的に面白いが、ファンタジーとSFは私に合わないものが多い。
ホラーを中心に編成されたこの短篇集は、どちらに転ぶか不安だった。

「雪女」は、ちょっとダークなゴーストストーリー。
逆に、「オモチャ」は、普通の人々の自分勝手さが読んでいて辛いが、基本的にはほのぼのとした話である。
「チヨ子」は、”少し不思議”な話。なぜこのような話を書いたのかは、解説のインタビューを読んで納得した。
「いしまくら」は、宮部みゆきらしい、人物描写とひねりが秀逸なミステリーだった。
最後の「聖痕」が一番気に入っている。
驚きの展開や、宗教的であるようでいてよくわからない、終わりというより何事かの始まりを感じさせるラストがいい。

解説のインタビューが良い。
宮部みゆきが、どういう動機で小説を書いているか、微笑ましい理由が多くて面白い。

[amazonjs asin=”4334749690″ locale=”JP” title=”チヨ子 (光文社文庫)”]

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です