はじめてのデジタル画像処理

図解でわかる はじめてのデジタル画像処理この頃デジタル画像処理に興味がある。
スマートフォン+クラウド+デジタル画像処理で画期的なサービスが出来るような予感がしている。
というわけで、初歩から学んでみることにした。
しかし、数学は必須のようで、なかなか敷居が高い。

カラーテーブルや平滑化、エッジ検出フィルター、トーンカーブなど、普段何も考えずPhotoshopで使っている機能の基本原理が分かるのは楽しい。
しかし、微分方程式が出て来た辺りから、別世界の話になってしまった。
著者は高校生でも理解出来るレベルを目指しているようだが、高校で数学に挫折した大人には、ちょっと要求レベルが高過ぎる。
フーリエ変換に至っては、SFっぽい用語だなあ、と思うばかり。

動画や静止画の圧縮からコンポジット信号、HMDI端子、ロボットにおける画像処理や医療分野での利用まで、カバーしている範囲が広く、とても勉強になる。
それはそれとして、実際に使うには、オープンソースの画像処理ライブラリを探さなければ。

[amazonjs asin=”4774134945″ locale=”JP” title=”図解でわかる はじめてのデジタル画像処理”]

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。