ルー=ガルー2

分冊文庫版 ルー=ガルー2 インクブス×スクブス《相容れぬ夢魔》(下) (講談社文庫)京極夏彦によるSFシリーズの2作目である。
1作目は10年前に出版されたので、すっかり内容を忘れている。
その時のブログを読むと随分気に入っていたようなので、2作目も読んでみることにした。
しかし、斬新で魅力的なのは設定だったようで、2作目になるとあまり楽しめなかった。

話は前作の事件の後から始まる。
前作で事件に巻き込まれ、生き残った少女たちと元刑事が徐々に集結し、巨大な陰謀に挑む、と言ったところだろうか。
けれども、10年前に読んだ小説のキャラクターは全く記憶になく、仲間が集まってくるワクワク感が得られなかった。

過去の遺物となってしまったバイクを使ったアクション・シーンなど、なかなか映画的で良いのだが、肝心のキャラクターが活きていない気がする。
高度なバイオテクノロジーを使った陰謀は、横溝正史シリーズのような気がしてしまう。
前作が面白かっただけに、残念である。

[amazonjs asin=”4062770830″ locale=”JP” title=”分冊文庫版 ルー=ガルー2 インクブス×スクブス《相容れぬ夢魔》(下) (講談社文庫)”]

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です