文字アイディア見本帳

文字アイデア見本帳 (MdN design basics)色と同じでデザインの時に悩むのはフォントの選択である。
特にMac上で使えるフォントが増えてから、何を使えば一番効果的か悩み始めるとなかなか決まらない。
フォントについてちゃんと学習したいと考えていた。
その第1弾として読んだのがこの本である。
文字の歴史から始まり、効果的な利用方法が解説されている。
だが、理解したことを、必要な時に思い出せるかは別問題である。

まず、文字の歴史から解説されている。
金属活版印刷を発明したグーテンベルクが聖書印刷に使ったゴシック書体が、「ブラックレター」と呼ばれている。
太い文字なので版面が黒っぽくなるのが命名の理由らしい。
何だか、カッコイイ名前である。

欧文書体は、セリフのあるなし、筆跡が残っているかで分類出来る。
フォントは、時代とともに単純化され、セリフや筆跡が無くなって行った。
など、歴史も興味深い。

文字の種類によるイメージの違い、対比による効果、文字による表現手法など、ちゃんと身につければ有用な知識が多い。
この手の技術は、場数を踏んで体得するしかないのだろうな。

[amazonjs asin=”4844357824″ locale=”JP” title=”文字アイデア見本帳 (MdN design basics)”]

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です